病院について

ホーム  >  病院について  >  当院のとりくみ  >  チャプレン室

チャプレン室


チャプレン室の働き

  • キリスト教信仰を堅持し、病院の理念である全人医療の実現を目指す。
  • 毎朝、本院チャペル/老人保健施設/ホスピス・こどもホスピス病院で礼拝を行っています。
  • 患者さま・職員等のこころ・たましいのケアと伝道 毎朝の礼拝、お昼の放送、午後礼拝(毎週水曜日)、日曜礼拝(10:00-10:40 @大阪チャーチ)などを実行しています。
  • 患者さまのベッドサイドにお伺いし、お話をお聞きし、ご要望があれば、聖書やキリスト教のお話をし、祈りを捧げます。カウンセリングも行なっています。

※「全人医療」について詳しくはこちらをご覧ください。

チャプレンの働き

  • チャプレンは院内では、聖書の言葉、キリスト教を伝えることが大きな働きです。礼拝でメッセージをすることはもちろんのことですが、院内で行われる諸行事、式典等の司式、司会、祈祷などを担当しています。
  • また、毎日、新たに入院された全ての患者さまを対象に訪問を行っています。さらに病棟と連携して、患者さまの病床を訪問し、辛いお気持をお聞きしたり、お祈りしたりして患者さまをお支えしています。
  • がんライフサポートプログラムでは、「大切な人をなくされた方のサロン」、「がん患者サロン」を担当しています。担当していた患者さまのお見送りやご希望があれば、看取りや亡くなられた方のお別れ会の司式なども行っています。
  • その他、大阪チャーチの働きの一つとして、ご希望があれば洗礼式や葬儀の司式も行っています。チャプレンは患者さまのためだけにあるのではなく、全ての病院スタッフのためにありますので、お役に立てたらと願っています。

※「大阪チャーチ」について詳しくはこちらをご覧ください。



「大阪チャーチ」とは

「大阪チャーチ」は淀川キリスト教病院の母体である「宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション(ジャパンミッション)」の教会です。以前は旧病院のブラウン記念チャペルで礼拝を行っていましたが、新病院移転に先だって2011年3月6日から、今の建物に礼拝の場を移し、現在に至っています。
礼拝を担当する牧師は、ジャパンミッションの宣教部に在籍し、淀川キリスト教病院のチャプレン室に所属しています。このように大阪チャーチは淀川キリスト教病院と深い関係にあります。

大阪チャーチは広く地域の方たちにも開放されている教会です。

どなたでも遠慮なくお越し下さい。

日曜礼拝

大阪チャーチでは、毎週日曜日10:00~10:40にて礼拝を行っています。
なお、淀川キリスト教病院本院(チャペル)では、映像による礼拝も行っています(前週の礼拝)。

よくあるご質問

クリスチャンではありませんが、教会は誰が行ってもいいですか?
どなたでもお越し下さい。 かつて私たちもクリスチャンではありませんでした。あなたのお気持ちはよくわかります。 どうぞお気軽にお越し下さい。歓迎いたします。
礼拝に参加したら献金しなければいけませんか?
献金は、神さまの恵みに対する感謝のしるしとしておささげするものです。どうぞご自由になさってください。
どのような服装で参加すればいいですか?
どのような服装でも構いません。ご自由にどうぞ。
教会の駐車場はありますか?
老人保健施設(地図参照)の駐車場をご利用下さい。
駐車票が必要ですので担当牧師にお声をかけてください。
教会の中でプライバシーを尊重してもらえますか?
もちろんです。名前を書いていただくノートを用意しておりますが、自由記入です。もしかしたら教会員、牧師がお名前をお聞きすることがあるかもしれませんが、ご安心ください。

アクセス情報

〒533-0032

大阪市東淀川区淡路 2-7-10

TEL:06-6324-6771

主任牧師:森里 信生



 

詳しい地図はこちらからご覧ください。