病院について

ホーム  >  病院について  >  当院のとりくみ  >  高度医療のとりくみ

高度医療のとりくみ

充実の医療機器

手術支援ロボット ダヴィンチ Si

da Vinci.オペ写真

da Vinci本体


ダヴィンチはアメリカで開発された手術支援ロボットで、当院は「ダヴィンチSi」を導入しています。ダヴィンチ手術は、体への負担の少ない手術として広く行われるようになった腹腔鏡手術(※1)の特徴を活かしながら、さらに多くの優れた機能を付加した最新の手術法です。ロボット部・操作部・助手用モニターで構成されており、ロボット部には先端に鉗子やメスなどを取り付けた3本のアームと1本のカメラが装着されています。術者はケーブルでつながった操作台に座り、映し出される3次元立体画像を見ながらアームを操り、患部の切除や縫合をします。

腹腔鏡手術とは(※1)

腹部に小さな傷を数ヶ所開けて、そこからカメラを入れモニターに写し出し、手術器具をお腹の中に入れて手術を行う方法です。手術内容は、大きくは開腹の手術と同じですが、腹部を大きく切開しないので、体に対する負担が少ない、術後の痛みが軽い、通常の生活への復帰が早い等の利点があります。また見た目の傷も小さくなります。

ダヴィンチ手術の特徴

  • 体内を高解像度3D内視鏡 カメラで鮮明に映し、ズーム機能により患部を拡大視野で描出できます。
  • 手振れ防止機能が搭載された3 本のアームを術者が自由に正確に操作をすることができます。
  • 先端に接続された鉗子は人間の手と同等以上の可動域があり、従来の手術では不可能であった複雑な動きができ、精密な操作が可能です。


術中CT 

Siemens Somatom Definition AS

術中CTとナビゲーションが連動したシステムを活かして、術中リアルタイムに患者情報をアップデートし、手術操作による術野の状況をいち早く確認する事が可能になりました。またこれまではいったん全身麻酔を覚まして術後CTを検査室まで撮影に行っていましたが、 術中CTの導入により、全身麻酔を継続してCTを取り、問題がない事を確認して手術を終える事ができるようになりました。現在は、主に脳外科、整形外科で 利用しています。

術中CT



放射線治療機器

バリアン社製 Clinac iX

当院は、放射線治療装置(バリアン社製 Clinac iX)1台、治療計画CT (東芝社製 Aquilion)1台、治療計画装置は現在使用中であるPinnacle に加えてEclipseを導入しました。近年のコンピュータ技術の発展で、強度変調放射線治療(IMRT)や、定位放射線治療などの高精度放射線治療、および治療精度を高めるための技術として、画像誘導放射線治療(IGRT)が臨床導入されています。治療装置更新により、このような新しい治療技術にも対応可能となります。当院は通常の放射線治療(外部照射)だけでなく、高精度放射線治療として、体幹部(肺癌)の定位放射線治療を2013年より開始しています。
定位放射線治療とは、腫瘍に対し多方向から放射線を集中してピンポイントで治療する方法で、早期の肺癌や肝臓癌、脳腫瘍などに行われています。

放射線治療科




マンモグラフィ(乳房撮影検査)

SIEMENS社 MAMMOMAT Inspiration

マンモグラフィ(乳房撮影検査)とは、乳がんを診断する方法の一つで乳房専用のレントゲン撮影です。乳がんをはじめ、乳房にできる病気を見つける事が出来ます。トモシンセシス(3D)という新しい最新技術が搭載された装置が導入されており、従来の画像では乳腺内に隠れて見えづらかった病変が確認しやすくなります。当院では1回の圧迫で通常のマンモグラフィとトモシンセシス撮影の両方を撮影することが出来ます。

マンモグラフィー