診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  脳神経・脳卒中センター  >  概要

脳神経・脳卒中センター


脳神経・脳卒中センターについて

脳神経脳卒中

昼夜を問わず、24時間体制で急性期の脳神経疾患の治療を重点的に行う部門です。脳神経・脳卒中疾患とは、脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞などです。これらの疾患は、急性期での適切な治療がとても重要です。

以下の症状がある場合、すみやかな受診をおすすめします。

  • ・意識がなくなったり、もうろうとしたりしたとき
  • ・片方の手足の動きが悪くなったり、しびれたり力がはいらなくなったりしたとき
  • ・言葉が出にくくなったり、ろれつがまわらなくなったりしたとき
  • ・急に、目の前が真っ暗になったとき
  • ・めまいやふらつきを感じたとき
  • ・突然、激しい頭痛を感じたとき

「しばらく様子をみよう」、「明日まで待とう」などと思わず、
すみやかな受診をおすすめします。


当センターでは、脳神経外科、脳血管内科・神経内科の医師を中心に、ヘリカルCTやMRI、脳血流測定などの最新機器で超急性期治療を行います。



脳神経・脳卒中センター