診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門  >  がん診療センター  >  外来化学療法センター

外来化学療法センター


外来化学療法センター

外来化学療法とは

検診による早期発見や、診断・治療等の進歩により、がんに罹患しても長期生存が望めるようになりました。化学療法は、手術療法・放射線療法と並ぶ、がんに対する3大治療の1つですが、他の2つの治療に比べて、治療期間が長期に渡ります。以前は化学療法を行うに際して入院が必要になることが多かったのですが、新しい抗がん剤や副作用をやわらげるための薬の改良などにより、治療効果の高い標準治療を、外来通院で安全に行えるようになりました。化学療法を行いながら、家事や仕事など普段の生活を続けることも可能です。

外来化学療法センターの概要

淀川キリスト教病院では、外来通院で安全に治療を受けていただけるよう、2007年より外来化学療法センターを開設しました。当センターでは、主に乳がん、肺がん、消化器がん、婦人科がん、前立腺がん、悪性リンパ腫の患者さまに、抗がん剤・ホルモン療法・分子標的薬など、院内の化学療法レジメン審査委員会で承認された治療を毎月400~500件実施しています。

センター内にはベッド10床、リクライニングチェアー20床の計30床を備え、ベッドにはテレビを設置し、テーブルもありますので飲食していただくこともできます。また、オストメイト用トイレの設置など、安心・快適に治療を受けていただけるよう工夫しています。

当院は【外来化学療法加算1】の診療報酬施設基準を満たしています。

専門職が集まり、高度なチーム医療を提供します。

外来化学療法センターには、がん薬物療法専門医、がん化学療法認定看護師、がん専門薬剤師など、多職種が集まり、専門知識を出し合って、患者さまに安心して治療を受けていただけるよう取り組んでいます。


医師の役割

各診療科の医師は、個々の患者さまに対して最も良いと思われる化学療法を考え、患者さまご本人やご家族と相談のうえ、具体的な内容を決定します。化学療法当日は、患者さまの体調を確認したうえで、投与実施可能か判断します。その後も、治療効果、副作用の状況などを確認しながら、治療方法を適宜調節していきます。

看護師の役割

外来化学療法センターの看護師は、化学療法の点滴管理はもちろんですが、患者さまが安心して通院治療を受けられるよう、緊急時の対応について説明したり、副作用が軽減する方法を患者さまと相談しています。また、がん相談支援センター、地域医療連携センター、緩和ケアチームなどとも連携を取りながら、ご自宅で過ごす工夫のサポートもしています。

薬剤師の役割

薬剤師は、まず抗がん剤処方(レジメン)の投与量や日数間隔などをチェックし、投与予定日に医師より化学療法実施可能の指示が出れば、薬剤の調製を行います。また、患者本人やご家族に対して、化学療法の投与スケジュールや副作用の注意点を説明すること、副作用の状況を確認したうえで、必要なお薬の処方を医師に依頼することなども行っています。

外来化学療法の流れ(月~金曜日)

受付
採血
体重測定・血圧測定・問診(看護師)
診察(医師)
治療開始・抗がん剤の調製(薬剤師)
投与管理(看護師)
薬剤の指導(薬剤師)
日常生活の相談(看護師)
会計
帰宅

トピックス

シスプラチンの外来投与

シスプラチンを用いる化学療法は、今まで入院していただいて行ってきましたが、新病院移転により外来化学療法センターのベッド数が増えたこともあり、1コース目を入院で問題なく行えた方については、2コース目以降を外来通院で行えるようになりました。
実施上の注意点として、シスプラチンの投与前後に十分水分を摂取して、腎機能低下を予防することがあげられますが、患者のみなさまには、これまで以上に自宅で日々の生活を楽しんでいただきたいと考えております。