診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  栄養管理課  >  概要

栄養管理課


概要

栄養管理課のご紹介

栄養管理課は、医療の質向上に貢献する栄養管理を目指します。
管理栄養士を先駆的に病棟に配置し、患者さまの病態、治療方針を把握した管理栄養士が栄養アセスメントを行い、栄養診断に基づいて外来から入院まで患者さま一人ひとりに合わせた栄養管理を実施しています。
また、国際標準の栄養管理プロセスを採用し高品質な栄養管理に努めています。

主な業務

・入院診療計画書の参画
・栄養管理計画書の策定
・ベッドサイドでの栄養アセスメントおよび栄養診断
・栄養診断に基づく栄養食事指導(外来・入院)
・治療に沿った食事提供


取り組み

病棟栄養士による栄養管理

当院の管理栄養士は、主に病棟で働いています。
患者さまの病態や治療方針を把握した病棟栄養士が、患者さまのベッドサイドで栄養アセスメントし、栄養診断を行っています。患者さま一人ひとりのお体の状態にあわせた食事の提供から経腸経静脈栄養などの栄養管理を実施しています。

 

国際標準の栄養管理プロセス

栄養管理の質を維持するために、国際標準の栄養管理プロセスを採用しています。

これにより、医療スタッフ間での患者さまの栄養状態の情報共有が容易になり治療の質の向上に貢献します。


外来から入院まで一環した栄養食事指導

早期治癒支援に向けて、管理栄養士が通院中から入院治療まで患者さまの栄養状態を把握した栄養食事指導を行っています。


チーム医療の推進

管理栄養士は重要な医療スタッフの一員として活動しています。

医師、看護師ら多職種とチーム医療に取り組み、迅速に患者さまの情報を共有し治療効果の向上に努めています。




栄養管理課