診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  母子センター  >  概要

母子センター


母子センター

母子センターについて

当院は1972年(昭和47年)に周産期センターを開設、その後産科・小児科・小児外科が統括された母子センターとして、積極的に周産期医療に取り組んできました。通常の妊娠分娩管理は勿論のこと、ハイリスク妊産婦と新生児の集中管理を、医師・看護師・助産師を中心とした医療スタッフが一体となり、24時間体制でチーム医療を提供しております。当センターは、大阪が誇る連携システムであるOGCS(産婦人科診療相互援助システム)およびNMCS(新生児診療相互援助システム)の基幹施設として機能している地域周産期センターでありますが、現在MFICU(母体・胎児集中治療室)6床を擁する総合周産期センターを目指し、準備をすすめております。

産科部門

  • 当院は妊産婦51床の病床を持ち、他病院や産院からの妊産婦の搬送依頼・入院を積極的に受けています。
  • 産科・小児科合同カンファレンスを毎週開催しつつ、全ての症例において適切な管理を行っております。
  • また 妊娠・出産・育児の各時期を通して、母と児に優しい看護を実践できるよう日々努めております。
  • 特に妊娠中は、妊娠期の過ごし方に関するアドバイスや母乳相談を行っており、リスクのない妊婦さんは助産師外来・院内助産も選択できます。
  • 産後は母乳育児がスムーズに運ぶよう、母児同室・カンガルーケア・退院後の電話訪問・母乳外来などでサポート体制を整えております。

新生児部門

  • 病床数は、 NICU(新生児集中治療室)病棟として36床(NICU認可21床、乳児病棟15床)です。
  • 特に重症児の治療・ケアをよりきめ細やかに施行できるよう、NICU内の9床を半個室化しております。
  • 産科部門同様、他病院や産院から 新生児の搬送依頼・入院を積極的に受け入れる一方、院内出生でのハイリスク新生児の治療・ケアに全力をあげています。
  • 当院は 日本で初めて新生児黄疸に対する交換輸血を施行した施設として、現在も新生児黄疸の検査・治療・フォローアップを行っていますが、脳保護目的に施行する低体温療法や、早産児・低出生体重児の呼吸循環管理、新生児外科疾患に対する外科的治療も、日々連携・研鑽しつつ実施しております。
  • 医師・看護師・臨床心理士たちが、一人ひとりの赤ちゃんとそのご家族について考え 適宜話し合いを重ねながら、赤ちゃんとご家族にベストを尽くし、優しいNICUであり続けられるよう、努力しております。
  • 外来では、退院後外来・発達外来にて、退院された赤ちゃんたちのフォローアップを長期にわたり実施しており、シームレスな治療とケアを実践しております。
  • 小児外科などの他科と共同で、発達支援・在宅支援も積極的に行っております。


母子センター