診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  リハビリテーション課  >  概要

リハビリテーション課


概要

リハビリテーション課のご紹介

リハビリテーション課では、病気や事故などによって障がいをもたれた方々のリハビリテーションを実施しております。理学療法士29名、作業療法士8名、言語聴覚士7名、運動指導士5名、事務1名、助手2名のスタッフが、リハビリテーション科医師とともに、患者さまの運動機能・動作能力の改善、家庭復帰、社会復帰を目指しての療法行っております。

主な業務

リハビリテーションの対象となる患者さまは、ほぼ全病棟に及びます。療法士は病棟(診療科)ごとの担当制になっており、他の職種のスタッフとも密に連携を取りながら、個々の患者さまの目標達成に向けて、よりよい療法を提供できるよう心がけております。

担当 主な実施項目
理学療法士(PT) 起居・移動動作訓練、筋力強化訓練、関節可動域訓練、呼吸理学療法等
作業療法士(OT) 日常生活動作訓練、手外科手術後の機能回復訓練等
言語聴覚士(ST) 失語症・構音障害、高次脳機能障害、摂食嚥下機能障害に対する訓練等
運動指導士 集団運動指導等

リハビリテーション室(PT室)

心臓リハビリテーション室


リハビリテーション室(OT室)

リハビリテーション室(ST室)


※リハビリテーションは医師の指示に基づいて実施いたします。
 当院での主な対象者は、当院に入院中の患者さまとなります。
 なお当院を退院された後、必要に応じて外来で実施する場合もあります。


取り組み

  • リハビリテーション課では、チームワーク(他職種間、療法士間)の構築、専門性、スキルの向上、スタッフ教育の充実、業務の効率化(物的、人的効率)を目的として、療法士の病棟(診療科)担当制を実施しています。
  • 老人保健施設、よどきり訪問看護ステーションとも連携をとり、必要に応じて退院後も継続してリハビリを提供できるように努めております。


リハビリテーション課