当院について

ホーム  >  当院について  >  チームアプローチ

チームアプローチ

当院では、医療スタッフやチャプレン、ボランティアなど様々な職種が連携し、患者さまが「その人らしく」過ごせるよう、日々ケアを行っています。



医師(ホスピス)

患者さまとの関わり

ホスピスに入院される患者さまは、主にがんによって心身ともに辛い状態で入院されます。その患者さまが最後まで少しでも「その人らしく」過ごせるよう、薬剤等を使い症状を和らげます。同時に、体以外の不調…例えば、精神的・社会的な苦痛・ご家族のことなど、患者さまが不安に思っておられることについても、チーム内で連携してケアしていきます。

「その人らしく」いられるためのケアを選択

ケアの上で重要なのは「患者さまが今までどんな人生を歩んでこられたのか」について、少しずつ理解していくことです。がんそのものが今後どのように推移するかは医師の知識で理解できますが、それぞれの患者さまらしさを大切にしたケアにはきめ細やかな関わりが重要になってきます。
医師が把握している情報は意外に少ないものです。患者さまの近くで接している看護師や様々な悩みを聞いているチャプレンと情報を共有し、最終的には患者さま自身の希望を尊重し、一人ひとりに合ったケアを選択していきます。ご本人の希望は、医師には言いづらいけども、チャプレンには言える、という内容もあります。チーム内での連携がとても重要だと考えています。

看護師(ホスピス)

その人らしさを大切にしたケア

入院時からご本人、ご家族のご希望をお伺いし、「その人らしさ」を大切にケアを行っています。患者さまのからだのだるさや痛みなど、様々な症状を緩和するケアを行うと共に、穏やかにすごしていただけるよう寄り添い、日々の生活を整えます。

患者さま、ご家族に一番近い存在として

「その人らしさ」を支えるためには、多職種スタッフとの連携が大切だと考えています。キリスト教病院なのでチャプレンもチームに加わり、「からだ」と「こころ」のケアを行います。その中でも、看護師は患者さま・ご家族に一番近い距離で関わっているので、日常ケアの情報が多く集まります。その情報をチーム内で共有し、最後までその人らしい暮らしが実現できるようスタッフ一同連携して取り組んでいます。また、患者さまだけではなく、ご家族のケアも大切にしています。

希望を持って、最後まで生きることを支えます

ホスピスと聞くと、「最後の場所」「悲しい場所」などのイメージがあり暗い雰囲気を感じる方が多いと思います。当院は、「癒しの病院」をコンセプトにしており、ハード面では、明るく広く、静かであたたかな環境を整えております。またソフト面では、全てのスタッフが、患者さまの「その人らしさ」を大切にしながらお世話させていただくよう心がけています。病棟では、ボランティアによるコンサートや季節の飾り付けが行われています。患者さま、ご家族を大切にして寄り添うケアの中で、最後まで希望をもって生きることができるようサポートいたします。

医師(こどもホスピス)

主な業務

体調管理

呼吸器の管理、てんかんコントロール、筋緊張のコントロール、水分・栄養の管理など

精神面の支援

カウンセリング、症状説明、コミュニケーションの支援、集団での遊びなどを通して、お子さまとご家族の精神的支援を行っています。

心がけていること

安全面への配慮

レスパイトでお預かりしているお子さまは、気管切開をしていたり、人工呼吸器をつけていたり重症な方が多く、体調が急変する場合も少なくありません。そのため、看護スタッフと共に細心の注意を払って24時間のケアを行っています。

まとめ

こどもホスピスでは、通常の医学では対応が難しいような小児がんの末期の方も来られます。他のスタッフと共にそのようなお子さまとご家族が一日一日、輝いて過ごせるように、様々なチャレンジをさせていただいています。

看護師(こどもホスピス)

第二の家としての「こどもホスピス」という選択

こどもホスピスは「第二の家」として利用する方々の癒しの病院でありたいと願い、開設されました。家のように家族が一緒に過ごすことも、ごきょうだいのお子さまも感染兆候がなければ自由に面会が可能です。
お子さま・ご家族が安心して過ごせるように、安全面と楽しさ・癒しが提供できるケアを行っています。

一人ひとりのお子さまの個性を大切に

お子さま一人ひとりの個性を大切に、成長発達を支援するケアを行います。お子さまの目線で語りかけ、触れ合い、細やかに関わっていきます。お子さまが社会参加できる様々なイベントもご用意しています。看護師は時には着ぐるみを着たり楽器と演奏したりと、全身全霊でお子さまとの時間を大切に考えています。

お子さま・ご家族に寄り添うケア

看護師はお子さま、ご家族の良き理解者として寄り添い、最善のケアを行ないます。必要があればチャプレンや栄養士など様々な職種と連携を取っています。お子さまが「その子らしく」過ごせるように様々な夢の実現(夢企画)のお手伝いもしています。癒しと希望の病院として、小さなサインも見逃さないように、お子さまの可能性を最大に引き出せるケアを目指しています。

チャプレン

こころとたましいをケアしています

ホスピスでは、様々な苦しみの中にある方々のお心に寄り添い、そのたましいのケア(スピリチュアルケア)に携わっています。神様の深い愛や慰めをお届けすることを通して、与えられた人生とその尊い命を生き抜くことをお支えしたいと願っています。
こどもホスピスでは、レスパイトのお子さまのプログラムを用意し、神様の愛お伝えしています。また緩和ケアのお子さまとご家族にも関わっています。

他業種と連携したケア

他のスタッフと共に、チャプレンもケアカンファレンスに参加します。必要な情報を共有しつつ、患者さま、ご家族のケアに携わっています。

管理栄養士

患者さまお一人おひとりに合わせたメニューの調整

毎週土曜の夕食に患者さまお一人おひとりが希望されるメニューをお出しするために、金曜の午後に聞き取りを行っています。また、患者さまごとの嚥下機能やご要望に合わせたメニューの個別対応をしております。
食べることが苦痛とならないように、少しでもご家庭での生活に近づけられるよう工夫を凝らし、患者さまお一人おひとりのことを大切に接することを心がけております。

食べることの喜びをいつまでも

急性期の病院では、個々の詳細なご希望に応えることが難しく、体力や栄養のための食事が優先されがちです。その結果、患者さまにとって食べることが苦痛になる場合も少なくありません。当院では、体への配慮はもちろんですが、患者さまお一人おひとりのご希望やお気持ちにもじっくりと耳を傾ける体制が整っており、「美味しさ」「楽しさ」に配慮した食事をご提供しています。ここは、「食べること」が希望やよろこびにつながるような場所です。

薬剤師

薬剤師の役割

入院患者さまのための、当院の薬剤師です。院内処方箋の管理、調剤、持ち込みされる薬剤の管理を行っております。レスパイトの患者さまは、処方薬を持ち込みされる場合が多くなりますので、そのような時には、患者さまにストレスなく服用を続けてもらえるよう看護師向けに薬管理表を作成したり、投薬しやすいよう整理をします。
大人15床、こども12床という規模ですので、スタッフ一人ひとりと常に顔を合わせながら連携をとっています。医師が処方する薬の調剤は速やかに行い看護師に渡します。必要としている患者さまの手元に一刻も早く薬が届くよう、「早く、正確に」をいつも心がけています。

忙しいときこそ、冷静に

とても慌ただしくタイトな作業の時も、いつでも冷静でいることを意識しています。ミスなく迅速に、正確に、最適な医療サービスを提供することで、患者さまやご家族に安心していただけるよう、心がけながら勤務しています。

患者さまとの出会いは一期一会

患者さまとは一期一会のごとく、日々の瞬間を大切にしながら関わっています。また、スタッフは少数精鋭で構成されているので、同じ船に乗った乗組員同士、患者さまに少しでも心地よく過ごしていただけるよう互いに助け合い、意見を出し合って正しい航路に進めるよう日々努めております。

ボランティア

医療スタッフとの密な連携

当院では、院内の様々なサポートをするボランティアスタッフが複数登録しており、それぞれの得意分野を生かして患者さまやご家族に寄り添った活動をしています。
毎朝、医師や看護師と情報を共有し、患者さまの状態や注意すべきこと、希望されることを確認して、患者さま一人ひとりに合ったお手伝いをさせていただいております。

必要とされた時、いつでも側にいられるように

辛い時、苦しい時に無理に気持ちを明るくさせようとするのは患者さま、ご家族にとってストレスになります。私たちボランティアは、患者さまの側にいて、静かにお話に耳を傾けることを心がけております。また、たとえお話しすることが辛い方や、言葉を発することが難しいお子さんであっても、ただ「側にいる」ことが大切だと考えています。
医療スタッフが忙しくしている中、ゆっくりとお話相手をさせていただくことや側にいることで少しずつ信頼関係が生まれ、必要としてくださることがあります。医療職ではないので、体のケアはできませんが、ボランティアとしてできることで患者さまの役に立てることがあると信じています。

ボランティアの活動(一部抜粋)

【ホスピス】
・季節の飾り付け、お花のお手入れ、
・お茶のサービス
・患者さま・ご家族のお話相手
・屋上ガーデンや病棟のお花のメンテナンス、ウェルカムフラワー作成
・見守り
・洗濯

【こどもホスピス】
・お子さまに合わせた遊び
・おもちゃ、絵本の片付け、清掃
・お部屋、キッチン周りの整備
・イベントのお手伝い