ホーム  >  取り組み  >  いろいろな取り組み

いろいろな取り組み

毎朝の礼拝

月曜日から金曜日までの平日に1階のチャペルで礼拝を行っており、たくさんの利用者さまが職員と共に参加していただいております。
利用者さまには、やすらぎのひと時として、職員にとっては、当施設の理念である「全人介護」を理解する場として毎朝の礼拝は大切な時間です。

リハビリテーションを目的とするイベント

料理教室

通所(月1回)と入所の2階(月2回)では、季節にちなんだお菓子や料理を一緒に楽しく作ります。
ご自宅へ戻られても気軽に作れるような、簡単レシピのご紹介をします。

入所の3階(月1回)ではグループでのお菓子作りや個別での料理教室も開催しています。秋には、園芸とのコラボレーションも行います。
老健の畑で掘りたてのサツマイモでお菓子作り。作ったお菓子はみなさまで楽しみます。
ご自分で作られたお菓子だと特別、美味しいですね。

お出かけリハ

ふだんは施設内での生活が中心の利用者さまに外出していただくことで、心身ともにケアを行っています。
これまで万博公園や、海遊館、ショッピングモールや猫カフェ、新世界で将棋などを行ってまいりました。

クラブ・レクリエーション

出前レクリエーション

体調がすぐれない等の理由により、お出かけレクリエーションが出来なかった利用者さまを対象に出前レクリエーションを行っています。

2015年度は、お寿司やプリン、ゼリーなど利用者さまにあった食べものを何人かのグループでご家族とご一緒に食べていただきました。

クラブ(園芸、書道、工作など)

いくつかのクラブも行っています。

園芸

園芸療法というリハビリテーションの観点もありますが、利用者さまが植物や土にふれることでの楽しむとともに、野菜などを収穫したものを調理し、みんなで小パーティーをします。

書道

腕に覚えのある方も無い方も筆をもって真剣に、楽しんで半紙に向かっています。

介護教室

地域の方、利用者さまのご家族向けに介護に関する教室を行っています。
委員会を設置して毎年取り組んでいます。2014年度、2015年度はそれぞれ2回開催することが出来ました。
また、介護教室通信『ほほえみ』も毎年度発刊しています。

2014年度
第10回介護教室「施設見学~老人保健施設ってどんなところ?~」
第11回介護教室「認知症について~知っておきたい認知症のキホン~」

2015年度
第12回介護教室「高齢者の食事について」「家族交流」
第13回介護教室「認知症を知ろう」「高齢者疑似体験」