採用情報

ホーム  >  採用情報  >   >  腎臓内科研修プログラム

腎臓内科研修プログラム



当科研修
の特色
検尿異常(蛋白尿・血尿)から末期腎不全(透析)まで、各種腎疾患(原発性、二次性)、腎不全、電解質異常、及び血液浄化療法を要する疾患群を網羅している。 CKDについては教育入院・地域医師との連携、AKIについてはICUと連携し病態に即した治療、透析については血液透析・腹膜透析導入だけでなく各科と連携して合併症を含め幅広い症例を経験できる。 教育体制も整っており毎週の抄読会、カンファレンスに加え若手医師向けレクチャーも月1回行っている。
認定施設 日本腎臓学会研修施設、日本透析医学会専門医認定施設、
日本高血圧学会専門医認定施設
一般目標 腎疾患を持つ患者に全人的な視点からアプローチできる医師を育てるために、内科の幅広い知識・経験・技術を磨き、腎臓病学、血液浄化療法学における適切な診療、診断、治療の実践を目標とする。
行動目標
サブスペシャリティ研修をふくむ
 1)腎臓の形態、機能、腎疾患の疫学、主要症状、身体所見、検査、治療などの知識がある。
 2)腎疾患、腎不全、水・電解質異常などにとどまらず、内科の幅広い疾患・病態との関連、及び栄養学を理解し、総合的に診断と治療計画を行ない、実践できること。
 3)他科からのコンサルテーションに対して適切な診療ができる。
 4)患者、コメディカルスタッフとのチームワークの構築。
 5)下記検査・治療手技についてはその目的、方法、合併症を理解し、患者へ説明、実施ができる。
  (ア)尿検査(沈渣含む)、腎機能検査、血液ガスなど
  (イ)KUB、腹部エコー、腹部CT、レノグラム
  (ウ)腎生検(手技・組織結果の判定を含む)
 6)下記治療法の適応を理解し、治療を計画、実践(または指示)できる。
  (ア)腎炎・ネフローゼ、及び腎徴候を合併する全身性疾患に対する治療(食事生活指導・薬物・血漿交換療法を含む)
  (イ)保存期腎不全に対する治療(食事生活指導・薬物療法など)
  (ウ)血液浄化法のためのブラッドアクセス(シャント、動脈表在化、グラフト、内頸・大腿静脈カテーテルなど)
  (エ)血液透析(HD、HDF、HF、ECUMなど)、持続血液浄化法(ICUにおける管理)
  (オ)腹膜透析(CAPD, APD)
  (カ)血漿交換療法
  (DFPP、PE、 免疫吸着、LDLアフェレーシス、白血球除去療法)
  (キ)水・電解質異常、酸塩基代謝異常に対する治療
  
週刊スケジュール
 
午前 透析/
病棟診療
透析/
病棟診療
腎外来/
(腎臓病レクチャー)
透析/
病棟診療
透析/
病棟診療
透析/
病棟診療
午後 病棟診療
CAPD外来
文献抄読会
入院透析カンファレンス
病棟診療 腎生検/
入院カンファレンス/回診
外来透析カンファレンス
(内科カンファレンス)
病棟診療  

* 回診:入院患者の回診を医師・看護師・薬剤師・医療ソーシャルワーカー・栄養士が共に行い、情報を共有し方針を検討・確認する。
* 文献抄読会:腎疾患、血液浄化療法に関連した文献を交替で紹介・プレゼンテーションする。(最近の抄読文献についてはホームページに掲載)
* 腎臓病レクチャー:月1回腎疾患の基本についての研修医・後期研修医向けレクチャー
* 腎生検カンファレンス:腎生検組織を見ながら組織診断を行い、治療方針を検討する。
* 新大阪腎疾患カンファレンス:近隣の病院、大学との症例検討会。院外で3か月に一回開催
* 最近の学会発表(2016~2017)
  第60回日本腎臓学会学術総会「高血圧緊急症に対するアリスキレンの有効性」
  第47回日本腎臓学会西部学術大会「二期梅毒に伴う二次性膜性腎症の一例」
  第61回日本透析医学会学術総会「Wunderlich症候群をきたした腹膜透析患者の一例」
  第46回日本腎臓学会西部学術大会
  「ANCA関連血管炎にネフローゼ症候群をきたした一例」
  「アリスキレンが有効と考えられた高血圧緊急症の一例」
  第214回日本内科学会近畿地方会
  「高Ca血症、尿路結石、急性腎不全を呈した腎サルコイドーシスの1例」
  「周産期に蛋白尿で発症したSLEの1例」
診療実績
入院治療成績   2016年度 2017年度
腎疾患 腎炎 57 48
  血管炎・膠原病 2 3
  糖尿病性腎症・その他 4 11
腎不全 急性腎障害(AKI) 21 19
  慢性腎不全 173 125
  シャント・トラブル 12 18
  PD腹膜炎 2 1
尿路その他感染症   7 10
電解質異常等   47 79
透析実績      
入院 新規透析導入患者数 46 51
外来 血液透析患者数 85 88
  腹膜透析患者数 5 4
検査件数      
  腎生検 26 30

スタッフ構成 部長1名 副部長1名 医長1名 医員3名(うち専攻医2名)
学術活動 腎臓学会、透析医学会、内科学会、透析研究会その他の院外学術会議・カンファレンスで1年に1回以上発表を行う。
専攻医期間中に学術雑誌への論文発表を行うことを目標とする
専門医資格の取得 内科専門医取得後、腎臓内科専門医取得(会員歴5年以上、研修施設で3年以上研修必要)を、さらに希望者は透析専門医取得(会員歴3年以上、認定施設で5年以上研修必要)もめざす。