入院のご案内

ホーム  >  入院のご案内  >  入院について  >  退院後の療養生活のご相談

退院後の療養生活のご相談

当院退院後の療養生活のご相談を承ります

当院退院後の療養生活のご相談をうけたまわります。 当院は、急性期の治療を行う役割を担っている病院です。患者さまの状態が安定されましたら、入院前におられた自宅または施設にご退院となります。 当院での治療の終了後、退院されるにあたってリハビリや療養を要する場合があります。必要に応じて、退院後のサービス調整や転院などのお手伝いをさせていただきますので、お早めに担当の医師または看護師、ソーシャルワーカーまでご相談ください。

急性期病院

当院では、急性期の状態の患者さまに対して、診断や治療( 手術や投薬、医療処置など)を行います。
急性期の治療に要する期間は、個人差はありますが、およそ1~2週間です。

淀川キリスト教病院 外観


退院される場合

自宅

介護保険や訪問看護などの調整が必要な場合は、看護師、または、ソーシャルワーカーにご相談ください。

転院の場合

回復期リハビリテーション病院

集中的なリハビリテーションを行います。脳卒中など対象疾患が限られていますので、ソーシャルワーカーにご相談ください。

療養型病院

慢性期の療養上の管理、看護や医学的管理下の介護等のサービスを提供します。

介護保険施設

老人保健施設
リハビリテーションと生活のサービスを提供し、自宅への復帰を支援します。
特別養護老人ホーム
食事・入浴・介護・機能訓練などのサービスを提供します。

その他の施設

特定施設(有料老人ホームなど)
認知症を有している方が対象の小規模施設です。