採用情報

ホーム  >  採用情報  >  後期研修医  >  先輩の声

先輩の声

専攻医 先輩メッセージ

呼吸器内科 吉田 也恵

専攻医吉田

当院での専攻医研修は、各科での研修のみならず、ICUからホスピスに至るまで幅広くローテートできるほか、内科専攻医については夜間救急外来で研修医を指導する立場で診療に携わるなど、多岐に渡り幅広く学ぶことのできる環境にあります。

 

初期研修を終えた時点で自分の専門科を選択しますが、専門へ進む前に他科の疾患について掘り下げることのできる最後の機会で、自分の希望に合わせて履修科を選択することができます。各科ローテート中には、その科のスタッフ同様に歓迎され真摯に指導していただき、その際に育まれた人間関係は、自分の専門科へ進んだ後も科ごとの垣根のない顔の見える関係として、その後の診療にとって大きな宝となっています。

 

夜間救急外来では、研修医や看護師とスタッフが一丸となって診療にあたり、自身も指導を行う立場で大きな刺激を受けて共に学ぶことができます。ICU研修ではチームの一員となって全身管理の視点を養い、その後も希望にてICU当直に携わることができます。

 

いずれの科へ進むにしても、当院での専攻医研修で学んだことが大きく生かされ、専門分野のみならず内科医(もしくは外科医)としての幅広い力を培ってくれる貴重な研修期間となると確信しています。

 

医療者として、キリストの愛をもって仕える全人医療の理念に基づき、患者中心の医療を目指す傍らで、学会活動も豊富で常にチームワークで最新の標準的医療を実践しており、専門医取得を目指すにあたっても、不足のない豊富な経験を積むことができたと実感しています。