採用情報

ホーム  >  採用情報  >   >  総合内科研修プログラム

総合内科研修プログラム



当科研修
の特色
医療の高度化に伴い各専門分野医師の担当する疾患が細分化されている中で、 総合内科は受診者の症状を全身的かつ総合的に判断して横断的診断および治療を行い、 効率よく診療を行い、各専門科への橋渡しの役割をになっている。 特に当院では救急科とともに総合内科医が救急室・集中治療室の診療に携わり、 内科専攻医の救急疾患の研修、全身管理の研修を行っている。 当研修では一般病棟では学べない呼吸管理や体外循環、各種手技も学ぶことができるという特色がある。 当院では専門科研修の中で一定期間当科をローテートするスケジュールがある。
一般目標 当院の理念「全人医療」のもとに、患者中心の医療、チームワークの医療を実践することで、総合診療医としての診療能力 (知識、技術、協調性、接遇・全人的配慮)の体得を目指す。さらに患者に配慮しつつ、状態を判断して診察、観察、病態把握、適切なトリアージ・初期治療ができること、各専門科との連携の下にエビデンスに基づいたプライマリケア能力を育てることを目標とする。
行動目標
① 研修を通じて、内科医としての知識、技術を習得する。外来・入院診療では、各診療科医師へのコンサルテーションやガイドラインなども通じて、エビデンスに基づいた症候学、診断学、感染症を含む全身管理能力を習得する。

② 救急室では、臓器横断的初期診療を通じて、プライマリケアの基本(診断、病態把握、治療、緊急処置)を習得し、初期研修医や後輩医師の診療に対して、的確な指導ができる。救急医療を理解し、看護師をはじめとする他職種との良好な関係構築などを通じて、院内外での社会性(協調性)、問題解決能力を養う。

③ 救急室で必要な知識 緊急検査の適応・評価(緊急画像診断、緊急心電図の解釈)、緊急薬剤の使用法、緊急輸血の適応 と実施、病態の診断と治療(ショック、発熱、意識障害、頭痛、眩暈、痙攀,失神、呼吸困難、胸痛、不整脈、腹痛、吐血・下血、急性臓器不全、急性感染症、 体液電解質・酸塩基の異常、凝固・線溶系異常、環境障害)

④ 救急室で以下を経験する(脳血管・神経系疾患、循環器系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、代謝・内分泌系疾患、腎・泌 尿器系疾患、院外CPA、急性中毒、環境障害(熱中症、低体温症等)、異物、溺水等)

⑤ 集中治療室では、重症患者に対してア)解剖生理を理解して、的確に身体所見を得る。イ)補助診断としての各種検査の適応を理解して、正しく評価できる。ウ)必要時には各専門医、コメディカルと連携を図り、正しい診断、病態の把握ができる。

⑥ 他部門(腹部・心臓超音波検査、内視鏡検査、アンギオなど)の研修を通じて、subspecialityの確立も目指す

⑦ 絶えず問題意識を持って日常の診療にあたり、随時学会発表、論文作成を行う
スタッフ構成 部長1名、救急科スタッフ(主任部長1名、副部長1名、副医長2名、専攻医1名)、主任部長(兼務)1名、副部長(兼務)2名、専攻医1-2名
週刊スケジュール 例
 
午前 ICUカンファ
ICU診療
ICUカンファ
ICU診療
ICUカンファ
ICU診療
ICUカンファ
ICU診療
ICUカンファ
ICU診療
午後 救急室診療 救急室診療 救急室診療 救急室診療 救急室診療
夕方 ERカンファ ERカンファ ERカンファ ERカンファ ERカンファ